スポンサーリンク

企業や採用担当者も良い社員を探しています。積極的にエントリーし面接を受けることも大切ですが、一方であなたを採用したい企業にも見つけてもらえるようにしましょう。

彼らは必ずしも仕事を探しているわけではないかもしれませんが、正しい仕事が来れば興味を持っているかもしれないので、受動的な求職者のための多くのヒントがあります。

雇用主は、会社のWebサイト、求人サイト、およびプロのネットワーキングサイトで履歴書を確認することによって、これらの受動的な候補者を探します。

あなたの夢の雇用主があなたを見つけることができることを確実にするためのヒントです。

スポンサーリンク

履歴書を更新する

最初の仕事はあなたの現在の職業情報が求職者を探している雇用主を引き付けるような方法でオンラインで利用可能であることを確認することです。あなたがすでにあなたの履歴書を更新したのであれば、あなたはすでにあなたの最新の成果を反映するようにあなたの履歴書を更新しています。

また、あなたの履歴書に最高のキーワードを埋め込んで、あなたの職歴をあなたの資格を持った候補者を探す雇用主がもっと簡単に検索できるようにしました。

強みを考える

転職戦略やキャリア戦略を考えるために、あなたのスキルや特徴を棚卸し、強みを考えましょう。

スポンサーリンク

スキルを学ぶ

夢や希望の仕事を得るために、現在のあなたに何が足りないでしょうか?スキルアップや弱点を克服するための行動を起こしましょう。

実務経験を積める方法を検討(ボランディタ・インターン)

第二新卒の弱点は経験が少ないこと。まら異業種・未経験職種を狙う場合も経験がない事がネックに。

しかし、第二新卒転職では若さや協調性などの後輩力が求められます。実務経験や能力などは重要視されません。そこであなたの希望の業界や会社になんとか潜り込んでしまうことをおすすめします。

ボランティア・インターンであれば第二新卒転職よりは簡単に業界や会社に潜り込めます。

どうしても行きたい会社・業界があるということでしたら検討してみましょう。

転職エージェント・転職サイトに登録する

準備が整ったら転職サイトや転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェント・転職サイトに登録する
  • 良い求人を発見するため
  • 良い企業からスカウトメールをもらうため

「あなたが良い求人を見つけるため」「良い企業に発見してもらう(スカウト)ため」の2点の理由があります。履歴書だけ書いて待っていても転職も就職もできないですからね。

LinkedInのようなネットワーキングサイトだけでなく、リクナビNEXTやマイナビジョブズ20sなど20代・第二新卒専門の求人サイトにも登録し、履歴書や職務経歴情報を入力しましょう。

SNS・オンラインの個人情報を事前に制限する

採用担当者があなたのSNSを見る可能性もあります。雇用主に見せたくない場合は、必ず個人情報を非公開にしてください。FacebookやInstagramなどの個人用SNS全てです。

個人情報を制限する
  • facebook:公開設定を友人限定にする
  • instagram:承認制にする
  • twitter:過去の怪しい発言は削除する

名前だけでなく、卒業校、行った場所、顔写真からもSNSを発見される可能性があります。

SNS上の性格こそが面接ではわからないあなたの本性です。採用担当者もそれを理解しているので、SNSは必ずチェックしましょう。個人情報の取扱や過去の発言からマイナス評価されてしまう小さなミスに注意しましょう。

転職サイト・エージェントを定期的にチェックする

これから本格的に転職活動を進めることになります。そのため転職サイトや転職エージェントサイトを定期的にチェックしましょう。

  • サイト:ID/パスワードを管理する
  • 定期的にチェックする(メールで最新情報が届くようにする)

これらのサイトのリスト、および各サイトのユーザー名とパスワードを保管してください。

これはあなたがあなたの就職活動と組織化されたままでいるのを助けます、そしてまたあなたがあなたのキャリアを続けていくにつれてあなたがあなたのオンライン情報を簡単に更新するのを助けます。

スポンサーリンク
第二新卒向け転職エージェント

転職エージェントは全国に約17,000もあり、特長や得意な業種業界など多種多様です。20代特化型転職エージェントや大手転職エージェント、業界特化転職エージェント、さらにブラック企業を見抜き、優良企業を見つけるための口コミサイトなど20代・第二新卒のあなたの転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを17選ご紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう