スポンサーリンク

第二新卒の転職活動用名刺を作りましょう。名刺は会社だけのものではありません。名刺はあらゆる業界の求職者にとって優れた転職ツールです。

あなたがセミナー、懇親会、転職フェア、または同業者や興味のある業界で働いている方へのインタビューで威力を発揮します。あなたの名刺によってフォローアップし、あなたの職業的アイデンティティについて相手に簡単に理解してもらえます。

名刺に含めるもの

基本的な連絡先情報(氏名、電話番号、および電子メールアドレス)を必ず含めてください。現在雇用されている場合は、役職と会社名を記入してください。

SNSアカウント(LinkedInとTwitter、Facebookなど)も記入しましょう。ビジネス志向の個人用Webサイトまたはポートフォリオサイト持っている場合は、それらのサイトへのリンクも記入します。

両面名刺を印刷することを選択した場合は、ブランドの説明文またはスキルや経験の簡単なリストを含めることができます。あなたが現在仕事をしていないがあなたの連絡先にあなたの職業経験について知ってもらいたいならば、あなたのブランディングステートメントを含めることは特に役に立ちます。

スマートフォンでスキャンでき、個人のWebサイトなどのWebサイトのURLにリンクされているQRコードを含めることもできます。これにより、視聴者はあなたに関する情報を簡単に入手できます。

複雑にしないでおく

相手がひくほどカードにあまり多くの情報を含めないようにしましょう。あなたの資格を証明するためにあなたのカードにちょうど十分な情報を与えるようにしてください。特にAppleがそうですが、余白が多いシンプルなデザインのほうが見栄えもいいです。

名刺の作り方

Adobe Illustratorなどのデザイン作成ソフトが使えれば一番ですが、ワードやパワーポイントでも名刺は作れます。

名刺を印刷する場所と方法

名刺は主に転職期間中に使うことになるでしょう。一般的な転職期間は一ヶ月から三ヶ月ほど。

ですので、プロの印刷会社にデザインから印刷まで依頼できますが、自分でデザインし印刷はコンビニのコピー機などを使いましょう。

名刺を自分で印刷するための専用の用紙も売られています。アマゾンにたくさんあるので検索してみてください。

名刺を印刷したら、人脈を広げる準備が整います。

スポンサーリンク
関連キーワード

おすすめ転職エージェント

学歴から転職エージェントを探す

未経験から転職エージェントを探す