スポンサーリンク

採用されそうな企業にとりあえずエントリーするのではなく、転職ターゲットリストを作成し戦略的に転職活動を進めましょう。

転職ターゲットリストとは、あなたが働きたいと思う会社のリストのこと。あなたの興味に合った仕事や企業、あなたが望む企業文化を持っている組織、そしてあなたが信じる使命を持っている組織をピックアップしましょう。

スポンサーリンク

転職ターゲットリストで時間を節約

わざわざ面倒なリストを作る理由は、ターゲットリストを用意しておけば、仕事探しの時間を節約できるから。たとえ少しでも興味のある求人すべてに応募するのは時間の無駄です。代わりに、あなたがあなたにぴったりだと思う企業や仕事にだけ応募すべきです。

あなたが勉強してきた専攻や資格、人生の目標と一致しない仕事に応募したり面接したりする時間を無駄にする必要はありません。たとえあなたが自分に合っていない会社で仕事することになったとしても、長く働きたいとは思わないでしょう。

あなたの理想的な会社を見つけ、そこで長く働ける仕事を見つけるほうが幸せです。

転職ターゲットリストを作る 5つの方法

ターゲットリストを作成する5つの方法をご紹介します。

1.優良企業ランキングを調べる

多くのWebサイトには、さまざまな業界で働くための最良の企業が掲載されています。たとえば、フォーチュンは、フォーチュン100、フォーチュン500、フォーチュン1000(総売上高に基づく)、最高の中小企業、数千年にわたる最高の企業など、さまざまなカテゴリの企業をランク付けしています。

GlassdoorとForbesはトップ企業のリストも提供しています。あなたの興味に合ったリストを調べ、それぞれの会社の説明を読み、あなたの業界の興味とあなたの理想的な企業文化に合った会社を書き留めてください。

参考にしたい企業ランキング
  • 会社四季報 2019年3集夏号:企業ランキングといえば四季報、企業データベースの定番。名前だけ有名だけど、四季報読んだら死にそうな状況の企業だったというケースも結構あります。
  • 企業口コミサイト「キャリコネ」:キャリコネは定期的に企業ランキングを発表しています。また企業で実際に働いている人の口コミも読めるので内部事情を調査するには便利。

2.商工会議所を探す

あなたの地元の商工会議所は地元の会社のリストを持っています。あなたの興味に合った地元の会社があるか確かめるためにそのリストを見てください。

いくつかの商工会議所はオンラインで仕事のリストを持っているので、それらが利用可能であるかどうかを調べましょう。

3.職業団体に参加する

あなたが専門的な団体に所属すれば、メンバー会社のリストを見ることができます。

あなたがどのアソシエーションにも属していない場合は、州、カテゴリ、およびタイプ別にリストされているこの関連ディレクトリを確認してください。あなたの業界の協会を見つけ、あなたが各協会の会社のリストにアクセスできるかどうか確かめてください。

4.SNS(Facebook・LinkedIn)を見る

自分の分野で仕事をしている連絡先がある場合は、そのFacebookやLinkedInのプロフィール(またはその他のソーシャルメディアのプロフィール)を調べて、彼らがどこで働いているかを確認します。

同様に、あなたの業界に関連するグループのメンバーを見て、彼らが働いているところを見てください。

5.知り合いに聞いてみる

あなたの友人、近所の人、家族、そして仕事上および職業上のつながりと話しましょう。彼らはどこに勤めていますか?あなたに合いそうな仕事や企業があるなら、求人や紹介の可能性について尋ねてください。

スポンサーリンク

リストを絞り込む

これらの方法でリストを作成したら、本当に完全またはほぼ完全に適合する会社だけを含めるようにリストを絞り込む時期です。これを行うには、あなたはあなたのリストに会社を調査する必要があります。

まず、各社のWebサイトにアクセスしてください。各社の使命声明と、職場環境、会社が雇う人、会社の文化について学ぶことができるその他の情報について、サイトにあるかもしれないその他の情報を読んでください。

LinkedInの会社セクションにアクセスして会社情報を探すこともできます。このセクションでは、各企業文化についての情報、および各企業での求人や関係について説明します。Glassdoorは、会社のレビュー、評価、給与情報などを読むための優れたサイトでもあります。

この情報に基づいて、あなたのリストに載っている会社のうち、あまり当てはまらない会社はすべて消してください。

もう一度リストを拡張する

リストが短すぎる、または非常に有名な会社しか含まれていないと思われる場合は、リストを少し拡張することを検討してください。あなたのリストに載っている組織と競合している組織のいくつかを見つけるためにLinkedInの会社セクションまたはGlassdoorを見てください。

これらの企業を調査し、そのうちのどれかが適切であると思われる場合は、それらをリストに追加してください。

最終リスト

最終的に、これらのステップはあなたがあなたの就職活動の中で目標とすることに進む10 - 20の会社のリストをもたらすべきです。あなたが就職活動を続けている間、あなたが働きたいと思う組織の種類により良く感じられるように会社を削除または追加してください。

スポンサーリンク
第二新卒向け転職エージェント

転職エージェントは全国に約17,000もあり、特長や得意な業種業界など多種多様です。20代特化型転職エージェントや大手転職エージェント、業界特化転職エージェント、さらにブラック企業を見抜き、優良企業を見つけるための口コミサイトなど20代・第二新卒のあなたの転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを17選ご紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう