スポンサーリンク

LinkedInとは世界最大のビジネス特化SNS。欧米などの英語圏で良く使われており、海外就職を目指すなら登録は必須。

LinkedInは、同僚や職業上の連絡先とのつながりを助けるだけでなく、人事や採用担当者に頻繁に使用されます。

転職就職活動の早い段階でLinkedInで積極的なプレゼンスを確立することが非常に重要であることを意味します。

日本国内向けの転職でも、外資系企業はLinkedInを使っており、自分のアカウントを作っておくことで日本在住の外資系企業からのスカウトなど期待できます。LinkedInを活用し、あなたを魅力的な求職者に見せましょう。

今回は、LinkedInの利用方法とネットワークの拡大方法を解説します。

スポンサーリンク

LinkedInでプロフィールを作る

アカウントを作る

まだ登録していない場合は、LinkedInでプロフィールを作りましょう。あなたの使って最新の履歴書を自分のプロファイルと背景を作成します。自分のプロフィールを見ている人に良い印象を与える、プロ並みのヘッドショットを撮るためのヒントを入手してください。

アカウントを最新状態に更新する

LinkedInのプロフィールを持っていても、まだしばらく更新していない場合は、更新する方法を探してください。

たとえば、写真を交換したり、スキルを更新したり、最近の仕事や責任を追加したり、要約文を更新したりする可能性があります。多くの変更を加える前に、あなたはあなたのアカウント設定をチェックすることを望むかもしれません - あなたのネットワークがこれらの微調整の全てについて警告を受けるのを避けることを選ぶことができます。

つながりを広げる

自分のプロフィールを作成したら、LinkedInでつながりを拡大し、求職活動を支援したり、潜在的な求職者としてあなたを探し求めることができる専門家や組織を含めることができます。

今すぐLinkedInネットワークを拡張するには、次の手順に従ってください。

同じ業界の10人とつながる

LinkedInでのつながりが増えるほど、あなたを仕事の機会につなげることができる誰かと出会う機会が増えます。あなたはたくさんのつながりを持ちたいのですが、あなたが知っている人や信頼する人とつながっていることを確認してください。

間接的であってもあなたのキャリアの利益につながっている10人のLinkedInメンバーを追加してください。

スポンサーリンク

つながりを広げる方法

あなたが働きたいと思う会社のリストを作ることから始めて、そしてあなたがそれらの会社で働いている人を知っているだれでも考えてください。同様に、仕事の中で以前に出会った人々とつながることもできます。

  • 現在の同僚
  • 前の会社の仕事仲間
  • セミナー、ネットワーキングイベント、およびその他の仕事関連のイベントであなたが出会った人々
  • 学生時代の知人

今日の目標は、長期的に10人だけを追加することですが、より多くの人とつながることで、ネットワークの拡大に投資を続けることができます。

===

TIPS:あなたがこれから出会う人々ともつながることも忘れないでください。

===

3つのLinkedInグループに参加する

求人検索に役立つ、LinkedInのグループが多数あり ます。求人検索グループ、会社グループ、同窓会グループなど。グループは、あなたがネットワークを作るのを助け、仕事のリストについて学ぶことができ、そして業界の動向について話し合うことができます。まずは3つのLinkedInグループを見つけて参加してください。

  • あなたの大学にLinkedInグループがあるかどうかを確認してください。それからあなたの前の雇用主のいずれかが従業員同窓会グループを持っているかどうかを見てください。
  • 業界または職業上の関心事に関連するグループについては、LinkedInでGroupsディレクトリを検索します。
  • 一部のグループは非公開で、参加するにはグループメンバーと提携する必要があるかもしれません。
  • メンバーになったら、グループディスカッションページに参​​加して、他のグループメンバーと会い、連絡を取り合うことができます。

LinkedInと人脈の拡大

これらの簡単なステップはあなたがあなたの専門的なネットワークを広げるのを助けます。

スポンサーリンク
第二新卒向け転職エージェント

転職エージェントは全国に約17,000もあり、特長や得意な業種業界など多種多様です。20代特化型転職エージェントや大手転職エージェント、業界特化転職エージェント、さらにブラック企業を見抜き、優良企業を見つけるための口コミサイトなど20代・第二新卒のあなたの転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを17選ご紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう